未分類

美しくありたいと願うのはすべての女性の願望ではないでしょうか?
しかし、美容や美肌の為とはいえ収入でエステや高価な化粧水、美顔器を
買い漁り続けるのもいかがな気もします。

それよりも体内から「美」を意識するのもいかがでしょう。
簡単に言えば「睡眠」と「腸内環境」をしっかり満たせば自ずと効果が現れます。
まず睡眠なのですが、現代人は睡眠不足になりがちです。

人気の酵素

そこを何とか飲み会を控えたり工面して睡眠時間を確保していただきたいです。
もし難しくとも就寝前のアルコールの過剰摂取、スマホ、パソコン操作を控える等をして安眠しやすい環境を整えましょう。

次に腸内環境です。整えるだけで化粧のノリが違うレベルで肌質が改善します。
簡単に言えば食事、運動で改善をします。
基本は腸内悪玉細菌に対抗する乳製品、それを手助けするオリゴ糖。

「水溶性」食物繊維の摂取です。ここで結構な方が勘違いするのが「食物繊維なら何でも良い」と思っていることです。水溶性食物繊維は海藻類や、オクラ、アボカド、山芋などに含まれている物なのですが、腸内善玉菌を増やす効果があり、お通じにも効果があるのです。

しかし豆類、おから、アーモンドなどに含まれる不溶性食物繊維は水を吸収し大きく膨らむのでお通じが硬くなり大量に摂取すると便秘が過疎すする恐れがあります。

ただし不溶性食物繊維は悪者なんかでは決してありません。
腸を刺激して活動を促したりデトックス効果がありますので、バランスよくとるのが良いでしょう。
最後に運動なのですが、毎日の腹筋なんて正直続きません。

仕事や家事でへとへとになってるので難しいでしょう。
ですので「ちょっとだけ普段より歩く」をお勧めします。

エスカレーターを階段にする、ちょっとだけ寄り道する、休日にショッピングする。
何でも構いません、ちょっと追加する、余裕が出来たらもう少し…。

そして項目もそうなのですが続けることは肝心です、しかし追い込む必要はありません。

「今日出来なかったら明日やる」「昨日しなかった分ちょっとだけ今日やる」が大切です。
追い込まれずに自然なライフワークの一環のように生活の中に取り込んで継続してみてはいかがでしょうか?